専業主婦が借り入れするには

2010年の資金業法の改正によって専業主婦の方のキャッシングは、借入の条件が
厳しくなりました。では、専業主婦だからってキャッシングは利用できないのでしょうか。
いいえ、専業主婦の方が100%キャッシング利用できなくなったわけではありません。
では、専業主婦の方がキャッシング借り入れをするには、どうすればいいのでしょうか?
専業主婦の方が、キャッシングするのが難しくなったのは確かですが、いくつかの条件を
知っておくことでよりスムーズに融資を受けられる可能性が高まります。
今回は、主婦の方が、キャッシングする上で必要なことをまとめてご紹介いたします。

 

収入のない専業主婦

改正資金業法によって、「総量規制」というルールがつくられました。
これによって、キャッシング業者は、借り手の“年収3分の1以上はお金を貸してはいけない”
ということになっています。
そのために、“収入のない専業主婦は、基本的にキャッシングを利用することができないので
す。でも大丈夫ですよ。そんな収入のない専業主婦の方でもキャッシングができる2つの例外があるんです。

 

配偶者貸し付け

ひとつめが「配偶者貸し付け」です。
配偶者貸し付けとは、[配偶者の借金への同意書]と[結婚していることを証明する書類]を提出
すれば、夫婦の収入の3分の1まで借り入れ可能 になる制度です。
夫婦の合計収入ですので、収入ゼロの専業主婦でも、夫の収入が300万円あれば、100万円
までは、借り入れが可能になるのが配偶者貸し付けの制度になっています。
ただし、必ず借りられるわけではありません。また、この制度には問題点もあります。
書類のチェックや審査の作業に手間がかかってしまい、コストに見合わないということで、
“主だった信販系と消費者金融系のキャッシング会社は、専業主婦への貸し付けサービス自体を
やめて”しまったのです。

 

銀行カードローン

ふたつめが「銀行のカードローン」です。
銀行が、発行するカードローンは、総量規制の対象外なので、専業主婦でも利用することが
出来ます。実際、総量規制が執行されたことによって、銀行には、専業主婦からの問い合わせが
増えているようです(銀行系のキャッシングでも、消費者金融に分類されるところは、規制の対象
になるので注意が必要です)。
よって、専業主婦が利用できるキャッシングは、数少ない「配偶者貸し付け」を行っている業者
か、「銀行のカードローン」に限られます。
確かに専業主婦が利用できる業者は大幅に減ってしまいましたが、借りられる場所がないわけで
はありません。

 

収入のある主婦

主婦の中には、収入のある方もいらっしゃると思います。
その場合のキャッシングはどうでしょうか。
配偶者貸し付けを希望するのであれば、夫婦合計収入で、審査してもらえるので有利ですが
対応してくれる業者が少ないのが現状です。
銀行のカードローンは、配偶者の収入も配慮してくれますが、本人に少しでも収入があると
審査の時にプラスに働きます。ある程度収入がある人であれば、夫婦の収入ではなくて、
個人で審査してもらうことができます。しかし、やはり1人分よりも2人分で計算してもらった方が
限度額も多くなりますので、出来れば配偶者の収入も考慮してくれる業者の方がいいですね。

キャッシングの進め方

ということで主婦の方がキャッシングをするにはまずは銀行のカードローンをあたってみましょう。
専業主婦でも貸してくれる業者を探すことです。
先に記載した通り、主だった信販系会社や消費者金融は専業主婦への貸し付けは行なっていない
ので、小規模な消費者金融を探す前に、銀行のカードローンにあたってみましょう。
大手銀行の発行するカードローンであれば金利も低く安心感があります。
ただし、審査は厳しく、限度額も30万円〜50万円程度と低くおさえられています。
また、専業主婦OKの業者でも、主婦にまったく収入がないと断られるところが少なくありません。
申し込み時には、主婦自身にも収入があるとかなり有利になります。
必ずしも正社員である必要はありません。パートでも契約社員でも大丈夫です。
それに収入が少なくても大丈夫です。
キャッシング業者は貸し付けの条件を基本的に「○歳〜○歳の安定した収入のある方」
としています。主婦自身にも収入があると「世帯の安定した収入」がその分増えますから、
融資を受けやすく、借入額もアップします。反対に、収入のまったくない専業主婦の方の場合、
貸してくれる業者は、かなり限られてきます。しかし、まったくないわけではありませんから
大丈夫です。

 

確認事項

主婦の方がキャッシングする際に確認する事をご紹介いたします。

 

キャッシング即日 専業主婦でも貸してくれる業者か?(配偶者貸し付け・銀行カードローン)

キャッシング即日 他社からの借り入れは、夫婦でいくらか?(他社含む)

キャッシング即日 収入は、夫婦でいくらか?(世帯収入)

キャッシング即日 借りたい金額は世帯収入の3分の1以下におさまっているか?

キャッシング即日 利用しようとしているキャッシング会社は金利が合法で無理のない範囲か?

以上をまずは、確認してください。

必要な書類

次に、主婦がキャッシングする際に必要な書類をあげます。
これが絶対ではありませんが、一般的に必要になるものをご紹介いたします。

 

キャッシング即日 身分証明書(健康保険証・パスポート・運転免許証など)

キャッシング即日 収入を証明できる書類(源泉徴収票・所得証明書類)

キャッシング即日 夫婦関係を証明できる書類(住民票など)

キャッシング即日 配偶者(夫)の同意書

などが必要になります。

 

法律では、「夫婦の借入額が、夫婦の合計収入の3分の1まで」という決まりですから、たとえば
年収300万円の夫婦がすでに他社で100万円の借金があると新たにキャッシングすることは
出来ません。(ただし、銀行が直に運営するカードローンは例外になります。)
また、配偶者の貸し付けのキャッシングを申し込む際には、通常の収入を証明する書類に加え、
夫婦であることを証明する書類や、配偶者が、借金に同意していることを証明する書類が必要に
なります。必要書類は、各社異なる場合があるので、事前に確認して用意してください。

注意点

主婦がキャッシングする際に注意することをご紹介します。
専業主婦でも、キャッシングすることはできますが、パートやアルバイトなどの収入がまったく
ない主婦の場合は、キャッシングは非常に難しいと考えてください。
しかし、世の中には「専業主婦歓迎!」や「主婦でもOK!」などという広告がたくさん見られます。
借りにくいはずなのに、これはどういうことでしょうか?
そういった業者は、残念ながら“悪徳な業者”の可能性が高いです。
それらの広告がすべてとは言いませんが、“借りたくても借りられなくて困っている専業主婦の
方の多さにつけ込んで甘い宣伝文句でキャッシングをすすめてくる悪徳な業者があとをたたない
のも事実です。
また、夫に内緒でお金を借りたい方が多いと思いますが、そのような時にはどうすればいいで
しょうか。原則として、専業主婦の借り入れには夫の同意書が必要ですが、融資額が小さければ、
夫の同意書はなくても貸してくれる業者も存在します。
また、総量規制の対象外である銀行のカードローンには、夫に知られたくないかどうかを最初に
聞いてくれるところもあります。
キャッシングする理由は、人それぞれだとおもいますが、家族に内緒で借金をするというのは、
危険が伴います。万が一、返済できなくなった時一番困るのは家族です。

総量規制前には、たくさんの主婦の方が家族に内緒で借金をして返せなくなり困ったというケースが
頻発し、大きな問題になりました。
どのような借入でも、同じことですが、目的と計画がしっかりしていないと返済の時にとても苦しい
思いをします。特に、主婦の方がキャッシングをする場合、夫の収入を元に借金をすることになります
ので、より責任をもって借りる必要があります。
上手なキャッシングを心掛けたいものです。