キャッシングの審査基準

当然ですか、キャッシング審査に通過しなければお金を借りることはできません。
しかし、詳しい審査基準というのは公表されていません。
“各銀行かや金融会社によって、審査基準は異なってくる”ので、一概にこうすれば通る
というものはありません。職種や勤続年数など色々な審査基準はありますが、他にもキャッシング
の審査を受けるときに気をつけないといけないポイントをご紹介いたします。

審査内容を偽らない

まず大切なことは審査内容を偽らないことです。
審査内容で、年収や勤務年数を偽って申し込みをしたところで、特をすることはありません。
それどころか審査中に虚偽申告が発覚してしまっては逆に印象がかなり悪くなってしまいます。
申告は正しく行いましょう。

 

複数社に同時に申し込まない

審査が不安だからといって、審査依頼を複数社に申し込まれてしまう人も多くいるようですが、
それは避けたほうが無難です。
理由としては、複数社に申し込みする人は、『よっぽどお金に困っている人』と、キャッシング会社
に伝わってしまいます。そのせいで審査基準が厳しくなる可能性があります。
キャッシング審査基準については、そのカード会社や消費者金融、はたまた銀行によって審査基準
が決まっています。

 

具体的なキャッシング審査基準とは

勤続年数、年収

まずは、勤続年数と年収です。
これは、重要な項目の一つになります。
特に総量規制の関係上、年収は重要になってきます。
当然、年収証明が必要になるケースもあります。
また住居が持ち家か、賃貸かの確認もあります。

 

他社でいくら借り入れがあるのか

先述したとおり現在は総量規制があります。そのため、他社でいくら借りているのかも
審査基準になります。また他社の借り入れ実績を確認することで、その方の現在の支払い能力を
客観的に確認するのです。

 

現在他社で支払い遅延がないか

申し込み時点で支払い遅延があると審査は相当厳しくなってしまいます。
なお支払いに遅れていくのがどうしてばれるかというとキャッシング審査の際には
消費者金融であればJIC、信販会社であればCIC、銀行であればKSCに問い合わせ
を行います。その時支払い遅延があればそこに情報が載るからです。
1日や2日であればまだ良いですが、10日も遅れているとかなり審査は厳しくなります。

 

直近(特に3ヶ月以内)に他社でも申し込みがあるか

直近3ヶ月以内に他社での申し込みがあると、「最近なにか状況が変わったのでは?」と
審査の際に疑われます。そういった意味で審査に不利に働いてしまいますので、3ヶ月以上
あけて申し込みするようにしましょう。